自宅でできる五感力アップ【嗅覚】

最近では多くのご家庭で取り入れられ、
すっかり定着しているアロマ。

我が家でも、新学期早々、次女にラベンダーで背中のアロママッサージを
リクエストされました。
(次女曰く、学校アレルギーに効果があるそうです笑)

母の感情のマネジメントにも、子育てにも
自然豊かな香りを嗅ぐことはとっても良いことです。
五感の一つ、嗅覚の刺激も、個性やアイデンティティーを育みます。

 

続きを読む

もう振り回されない!なぜグローバル育児®コーデの仕事をしているの?

グローバル育児®コーディネーターというお仕事。
グローバル=英語+育児コーディネーターというイメージからか?
〜英語de”個”育て〜というキャッチコピーからか?
娘たちの英語力が素晴らしいのではないか?
と推測されることがあるのですが、
娘たちの英語力はまったく素晴らしいものではありません。

ただ、母親になる前から意識してきたことがあります。それは、

・英語は楽しく(勉強にしない)
・英語の音やリズムに耳を慣れさせる
・日本以外の文化に触れる機会をもつ

この3つは、私が英語を一生懸命学んでも話すことができなかった経験と、
仕事を通して見た、知った、ハーフの乳幼児の子育てのお話や、
海外を移動しながら働く外国人の方たちの姿から、
自分の子どもには産まれたときからこの二つだけは、
実践してみようと考えていました。

オーストラリアやアメリカ・東欧から、
2〜3ヶ月日本に滞在して仕事をし、
次はパリへ、ミラノへと移動しながら働くモデルたち。
恵まれた体型という”個”を生かし、そして、英語が話せれば、
国外に仕事を求めて働くことができるのだな〜ということを目の当たりにしました。

その時から、英語というツールは人の可能性を広げてくれるものだと思い、
私も熱心に英語の勉強をスタートした20歳。
1年後、プライベートレッスンもスタート。
ところが、一対一のプライベートレッスンでは
ガチガチに緊張して、胃が痛くなり、なんと2回目にして、
レッスン場所へ行く途中で倒れ、そのまま入院という・・・
私の英語力はそこでストップし、あとは衰退していくのみでした。
我が子には、同じ思いをさせたくないと、私ができること、
英語の音に耳を慣れさせることを、0歳から始めました。
耳を英語の音に慣れさせるためには、スタートが早ければ早いほど、
効果的であることは、15年以上も前から証明されていたことですが、
当時、私の周りではまだまだ”英語=勉強”という考え方の方が多く、
4歳から英語を習うということは、お医者様や後継者の子ども、地頭のいい子の
習い事という受け止められ方をされることにとても困惑しました。

「英語習ってるんだって!凄いわね〜」
「お父さんは何のお仕事しているの?」

私の中に、英語を習うことが凄いことという概念がなかったため、
凄いという言葉を、ポジティブに受け止めらませんでした。
結果、凄いことを子どもにさせているというプレッシャーが
私の中に湧いてきました。そして、いつの間にか、

「娘には英語を話せるようになってもらわなければ(私が)困る」

という、子どもに期待する私が出来上がってしまいました。
英語を子育てに取り入れ始めた時の

・英語は楽しく(勉強にしない)
・英語の音やリズムに耳を慣れさせる
・日本以外の文化に触れる機会をもつ

という、自分の基準を思い出したのは、娘が「英語はもういい。楽しくない。」
と言った14歳の時でした。

軸を忘れてしまった、私が招いた結果でした。

・英語は楽しく・英語の音やリズムに耳を慣れさせること
という最初の自分の軸に沿っていれば、楽しくないという
言葉が娘から出てこなかったと思います。

英語で子育てに失敗した私の原因は、
英語を習うことが凄いことだという他人の軸をネガティブに受け止めたことです。

ふ〜ん、この方は凄いことって思うのか〜

そのまま受け止められれば、本来の自分の考え、軸に沿った
楽しい英語で子育てが可能だったと思います。
(歳の離れた次女と、楽しく英語で子”個”育てが出来ている今があるので
これは確かなことです。)

英語を習うことが凄いこと(相手軸)

↓↓↓

凄いことをプレッシャーに感じた私
(相手軸をネガティブに受け止めるのが私の特徴)

↓↓↓

娘には英語を話せるようになってもらわなければ困る(私の感情)

女性は感情の生き物という言葉がありますが、
母親の感情の特徴が、子どもに好ましくない影響や、
子どもの可能性(人間力)を狭めてしまう原因になってしまうこともあるのだ
ということを、身を以て経験しました。

自分の感情に振り回されて、
子どもの可能性(人間力)を狭めてしまうようなお母さんが
私だけで終わりますように。そんな想いで、このお仕事をしています。

グローバル育児®Spring 新ブログスタートです!

DSC04595 サユリセンス代表SAYURIさんと。     2015マスター合宿で

こんにちは!Springです。
もう振り回されない!
感情マネジメントを学びながら
子育てができる方法をお伝えします!

母親が感情のマネジメントを学びながら、
これからの時代を幸せに生きるために重要な
”グローバルアイデンティティー”を
お子様に育むことができる
グローバル育児®プログラムを学べる
ネットスペースとリアルスペースの
企画・運営をしています。

私自身も14歳と8歳の娘の母親で、子育てに奮闘しながら、
一般社団法人サユリセンス
グローバル育児®認定 インストラクターコーディネーターとして、
グローバル育児®プロジェクトに参画しています。

アメブロから移り、新スタートします!
どうぞよろしくお願いします。
(旧ブログはこちら

アメブロではグローバル育児®コーディネーターになる前からのこと、
日々の憂鬱や、なんとなく感じるつらい、苦しいことを綴ってきました。
突然の友人の死をきっかけに、明日死んでも幸せな日々を過ごせるようになろうと、
日々のなんとなく感じるつらい苦しさから、抜け出だすことを決め、
情報を求め、グローバル育児®に出会いました。
コーディネーター活動を通し、似たような価値観を持つ何人もの母親や女性と
交流を深めるうちに、私のなんとなく感じるつらい、苦しいの原因が
見えてきました。
その原因は、自分の感情でした。

今日からこちらで伝えていくことは、主に2つです。

続きを読む