【2017年の漢字は”洞”】アイデンティティーを大切にしながら英語を学ぶ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

なかなかタイミングが合わず行きそびれていた同級生の
お店で、心から語らえる友と、素晴らしいお料理と
日本酒で呑み納め会ができました(笑)

あ〜ここでもまたアイデンティティーだ❤️

「仕入れに行くとき子どもに”またデート?”って言われるんです。」

仕事とプライベートに境はない。
愛する仕事をしている人たちの子ども時代からの共通点が見えました。

今年は継続的に頑張ってきたこと、選択してきたことが
大きな区切りを迎えた一年でした。

娘の英語ステップ作りとインストラクターコーディネーターのスキルアップも兼ねたJunior International Courseがスタートして3ヶ月。
今年最後のレッスンもとても楽しかった!
娘は乳幼児期に読んであげていた英語絵本を自ら開いて
「ママー、ひとりで読めちゃうよ~」とニンマリしていました。

BABY期からの繋がり。
動きや感情とリンクして900words
9歳以降にこんなふうに繋がっていくのかと、
俯瞰力があってのことだと感嘆してしまいました。
英語が苦手な働く親が、無駄な投資をせずに、楽しく負担なく英語力を
家庭で育むことが本当にできるのか?
6年前はあまり想像ができていませんでした。
6年前→https://ameblo.jp/mamaumamao230/entry-11067434196.html

二女のジュニア英語ステップ作りはとても慎重にリサーチしました。

「娘のアイデンティティーを大切にしながら英語を学ぶ」

OZスクールツアーで体験した「アイデンティティーを大切にした教育」

この20年間の自分の失敗、長女にかけた時間と資金で、
うまくいかなかったこと、うまくいったこと、
特に私が無知すぎて問題がたくさんありましたので、
そこも含めて、一流のサポートを受けながら
乳幼児期からステップを作れることの価値は大きいなと感じています。

来年度から学校では週1回英語の授業がスタートします。
先日の参観日でどんなテキストを使うのかも知ることができました。
どのような指導をしていくのかもリサーチ。
つっこみたいところも多かったのですが、
ですが、ですが、学校だって今やれることを頑張っているはずですから、
ここはグッとこらえて、娘がチグハグにならないよう
サポートしていきます。

誰から学ぶか、どこで学ぶか、どうやって学ぶかが本当に重要だなと
改めて心底感じています。

「英語については家庭では一切振れてこなかった。
自分自身はこれから親になる立場として自然な英語力というものを
大事にしたいと思った。」
(グローバル育児®Smile cafe Real(交流会)にご参加男性Sさん)

私の失敗から得たものを、これから父親になる青年が受け取ってくれる(嬉涙)

受け取った青年は、それをマスターし、彼と彼の周囲がよりよい世界になる。

描いていたイメージが少しづつリアルになっています。

 

担当コーディネーターのみんなとランチトークルームでは、
それぞれの数年間を振り返りました。
1日1%の積み重ねと諦めない心(grid)が、
数年後どんな実を結んだのかを見せてもらいました。
達成感の余韻に浸る間もなく、次のアクションにはアンビリバボー!

進みたい方向に進めない、タイミングをいつも外してしまう原因が
「親の人生に巻き込まれている」ことに気づいたAさんとお話ししながら、
これはご両親も一緒に聴いていただかなければならない話だと、
切なくなりました。

 

今までの考え方では生きていくことが大変な時代の中で、
親の負を背負って生きていかなければならないなんて辛すぎます。

 

2017最後のSpringライフレターでは、「娘の思春期」「夫婦のゴール」
「子どもの教育とお金」について率直なストーリーを配信しました。

 

親の無知やエゴ。この連鎖を続けてはいけない。
7世代先まで影響するから。

 

今年の漢字は「洞」

洞穴の奥はどうなっているかここからは見えないけれど、
奥はこうなっているだろうな・・・
どんな選択で、どんな行動をしていれば、どんな結果になるのか。
いいこともそうでないことも、原因があって結果がある。
洞察してきたことが視覚化した一年でした。

 

2017年も関わってくれたみなさま、初めましてのみなさま、
どうもありがとうございました!

 

心を込めすぎて、空回りが多い私ですが、
それしか取り柄がないので(笑)
2018年も心を込めて120%で頑張ります!

 

Spring

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*