グローバル育児®Spring 新ブログスタートです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
DSC04595 サユリセンス代表SAYURIさんと。     2015マスター合宿で

こんにちは!Springです。
もう振り回されない!
感情マネジメントを学びながら
子育てができる方法をお伝えします!

母親が感情のマネジメントを学びながら、
これからの時代を幸せに生きるために重要な
”グローバルアイデンティティー”を
お子様に育むことができる
グローバル育児®プログラムを学べる
ネットスペースとリアルスペースの
企画・運営をしています。

私自身も14歳と8歳の娘の母親で、子育てに奮闘しながら、
一般社団法人サユリセンス
グローバル育児®認定 インストラクターコーディネーターとして、
グローバル育児®プロジェクトに参画しています。

アメブロから移り、新スタートします!
どうぞよろしくお願いします。
(旧ブログはこちら

アメブロではグローバル育児®コーディネーターになる前からのこと、
日々の憂鬱や、なんとなく感じるつらい、苦しいことを綴ってきました。
突然の友人の死をきっかけに、明日死んでも幸せな日々を過ごせるようになろうと、
日々のなんとなく感じるつらい苦しさから、抜け出だすことを決め、
情報を求め、グローバル育児®に出会いました。
コーディネーター活動を通し、似たような価値観を持つ何人もの母親や女性と
交流を深めるうちに、私のなんとなく感じるつらい、苦しいの原因が
見えてきました。
その原因は、自分の感情でした。

今日からこちらで伝えていくことは、主に2つです。

スポンサードリンク
1、グローバル育児®で、
自分の感情に振り回されない母親になること

2、女性のトータルライフスタイルレシピで母性力アップ

1つめについては、グローバル育児は0〜9歳の子育て中の女性が、
幸せに子育てができるよう、お母さんが主人公になり、主体的に子育てをすることで、
子どもの4つの能力「英語力・五感力・コミュニケーション力・人間力」を
育むことができる子育てプログラムです。

私自身、今までの子育てを振り返ってみて何が一番大変だったかといえば、
子どもを通して出会う社会からの刺激に対する自分の感情の処理が大変でした。
自分の五感力・コミュニケーション力・人間力を、
グローバル育児を学びながら子どもと一緒に育んできたことで、
感情をマネジメントすることができるようになった今、
本当に子どもの4つの能力を育む子育てができている実感があります。
このような経験から、私と同じようなことで悩んでいる方、
グローバル育児をしっかり学び切りたいという方へ、
お役に立つことを目指していきます。

2つめは、健康、美、運動、選択と集中の考え方、時間管理、
セルフイメージアップなど、女性の一生涯に通ずる、
心身がワンランクアップする方法をお伝えしていきます。
晩婚の時代、30代での初産が当たり前の時代に、健康や美、体力は欠かせません。
私の30代は、PMS(月経前症候群)と片頭痛に悩まされた10年でした。
身体の不調が感情を左右し、仕事や家庭へも影響が大きく、
定期的に襲ってくる体調不良で、仕事を休んだり早退してしまうことへの
罪悪感や思うように家事ができないことで、セルフイメージが低くなっていきました。
そしてセルフイメージが低くなればなるほど、母性力が低下していきました。
自分の体の特徴を知ることや、インナー(体内)を慈しむことの大切さや、
一生涯続けられる運動の習慣(時間)を持つことも、
母親(女性)の感情マネジメントにはとても重要だということを学びました。

子育てと仕事に追われ、時間がない!どうしたらいいかわからない!
いつまでも生き生きしていたい!自分らしさを取り戻したい!
そんな方へ知識だけではなく、実践もお届けしていきます。

母親が心から育児を楽しみ、ライフ(人生)を楽しめる、
そして子どもたちは、のびのびと幸せに生きる力の基礎を育めるように、
グローバル育児®を伝えていきます。

今までブログを読んでくださった方、
これからもよろしくお願いいたします。

初めましての方、
よかったら自己紹介に目を通してみてくださいね!

グローバル育児®無料動画300セミナー無料配信中

一般社団法人サユリセンスでは、
グローバル育児®(STEP1~9)オンラインセミナー
全300種類を無料でアップしています。
Sayurisense youtube 
https://www.youtube.com/user/sayurisense

すべてのセミナーは、
人が幸せに、自分の力を最大限引き出せるために
社会人やリーダーの方など、
すべての方に通用する内容です。


無料オンラインセミナーテーマ表ダウンロード

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*