グローバル育児®スタンダード通信コース

負荷をかける&取り除くラーニングルーム17ヶ月目・ブレイクスルー・Junior English

週末のラーニングルームでは、17ヶ月目の方が、ブレイクスルーしました!

・本人の情熱のもてるものと特徴を、仕事とリンクさせて生かすこと

・子どもの興味や情熱と、学びをリンクさせること

アイデンティティー教育、グローバル育児®︎のテーマですが、
お子さんの特徴をなかなか掴めずにいました。
上のお子さんは11歳。掴めずの進路決めは10年後が大きく変わるなあと、少し私も焦っていたのですが・・・。
お母さんご自身が自分の強い特徴を理解した直後、二人のお子さんの強い特徴も掴みました。
「えー、そういうこと?」「そんなこと?」「ここ?」

知ってしまうと笑いがこぼれるくらい簡単なのですが、一人では気がつかないポイント。

ここを理解しているのと、いないのとでは、本当に数年後が大きく変わるので、本当によかった!と私もホッとしました。

苦しいな、辛いな、お休みしようかな、やめようかなと迷う時が、本当はチャンス。ネガティブになってしまうのは、なにかしらの負荷を感じているから。

自分が感じている負荷の中に強い特徴があることが多いので、
そういう時は焦らずに負荷がなんなのか、一つ一つじっくりと洗い出していくと、ブレイクスルーが起こる。遠回りのように感じますが、継続は力なりって本当だなと実感しています。

 

 

最近娘がハマって読んでいる本。
LONDONで暮らす女の子たちのストーリーだそうです。

どうしてハマってしまったのかプレゼンしてくれるのですが、親バカなのですがプレゼンに引き込まれ、私も読んでみたくなりました。

朝の1分スピーチで本の紹介をしようかな~と、クラスメイトに向けたスピーチもスラスラーと出てくる。

母国語の読解力が高まっていて、先日は、国語の授業で行なった学級討論がとても楽しかったと授業の内容を教えてくれました。

「子供っぽいことばかりやらされて・・・」と学校生活全般に不満をもらすことも多いので、きっとその分も討論の授業が楽しいと思えたのだと思います。

お家で英語(ジュニアコースレベル1)は思うように進まず、
サユリセンスの発信には、小学生で英検2級、準1級などレベルの高い情報が流れて、どうしようかなあとモヤモヤしていたのですが、娘の母国語は日本語で、英語は第二ヶ国語。

わが家はわが家。娘にあわせて、焦らずに、引き続き家庭でもサポートを続けていこうと気持ち新たに、娘と話し合って、ここでいっちょ負荷をかけることにしました。娘は無理~っと言っていますが、少し無理かな、だけど目の前にあることをきちんとやっていれば実現できる負荷なので。

そのとき、その時の状態に合わせて、負荷を取り除く、負荷をかける。

私がこうしてサポートできるのも、あと僅か。

自分で負荷をコントロールできるようになるのも、真の自立・成熟、豊かさにつながっていくと思うので、
実現できるように励ましていこう!

 

 

 

【俯瞰視点】と【本質を見抜く力】スタンダード通信コースラーニングルーム

今月は【俯瞰視点】と【本質を見抜く】がラーニングルームのテーマでした。

”今まで親や先生などに、「10年後のためにと長期視点で導いてもらったことがなかった。」“

https://www.sayuri-sense.jp/?p=13327

本当にそうだなと思います。

「俯瞰視点はグローバル育児®︎で初めて知った。難しいテーマです」

正直な感想だと思います。

私が俯瞰視点を知ったのは、新聞で読んだ記事がきっかけでした。

鳥になりなさい

虫になりなさい

そして魚になりなさい

鳥のように鳥瞰図的に物事を見ていきなさい。

虫のように複眼的に物事を見ていきなさい。

世の中の出来事にはすべて流れがある。

魚のようにその流れを読みながら生きていきなさい。

まだ、グローバル育児®︎には出会っていなかったときでしたが、これだ!とノートに書き写しました。

自ら読もうとする新聞ではないし、

周りの人も私に勧める新聞ではないと思いますので笑

仕事として与えてもらってラッキーでした。

無駄な経験ってないなあと、

歳を重ねるほどに思います。

自分に必要な経験は、歳を重ねないと実感できないもの。

だから、長期視点で子どもを導くのは、本当に大変なことで、プレッシャーも大。

鳥になって、虫になって、魚になって、

本質を見抜き、プレッシャーを超えていこう!

23年間人の下で働いてきてわかったこと。アイデンティティー教育の必要性

初めての職業経験は、アシスタント。

それから、私はパートやアルバイト、準社員、派遣と転職を繰り返してきたので、

23年間、補助的な仕事しかしたことがありません。

グローバル育児®でも、役割にインストラクターとついていますが、

教える人ではなく、コーディネーターの成長を助けるサポートなので、

やはりアシスタントです。

こんなに長く方々でアシスタントをしていると、自分の中に様々データが蓄積されます。

データ解析を進めると、人のアシスタントをするって
簡単なことではないという一言しかありません。

この方のアシスタントには、こういうコツがいるなということを、

素早く導きだせるようになった今は、どのような方のアシスタントを

することにも疲れを感じなくなりましたが、賢さが裏目にでている方の

アシスタントには相当の”tough love”が求められます。

でないと、自滅しちゃう。

賢さが裏目に出ている人にみられる共通の特徴は、

・飽和状態で何かが破裂しそう

本当は自分はどういう心をもった人間なのか?
その心をどう表現したいのか?

長期間それを置き去りにしてきた方は、必ずどこかの時点で飽和状態になっています。
そして、なぜか、私はそういう方のアシスタントに。
そういうめぐり合わせなのでしょう。

破裂したあと、
賢さが裏目に出ている方のとる行動にも共通点があります。

破裂したことを、周りにいる自分がコントロールしやすい人へ向ける。

グローバル育児®では「人間は生まれたときから完璧」という考え方で
人と接することを学びます。

人間は生まれたときから完璧ということは、
完璧な状態を維持していくことが、生きることなのではないかと
私は考えます。

赤ちゃんは、自分の欲求に忠実で、見ている私たちを笑顔にしてくれる。

賢さが裏目にでてくるのは、いつ頃からだろう?????