ベーシックコース

リトリートとクリティカルシンキングコースWeek1、2

コーデ活動リトリート&クリティカルシンキングコース。

グローバル教育について、日本がとっても遅れているということに多くの親が気づき始めたが、遅れに対処しているご家庭はどのくらいなのだろうか。

現在の日本の平均年収は400万円ほど。

私の暮らす地域の40代の平均年収は350万円ほど。

予算に余裕があって、英語力もあるご家庭は、世界から最高の教育を選び放題だけど、公立の学校を利用しなければ、生活に支障が出てくるご家庭はどうしたらいいのだろう。

日本の公立学校は決して粗悪な環境ではないけども、私の子どもが通う学校で【世界で表現する力】を育むグローバル教育をやっているかといったら、頑張っている先生もいるが、

グローバル教育に関する一次情報(自らの体験から得た情報)を持っていなかったり、二次情報(プロの出している情報)にたどり着けていなかったり、二次情報を得ていても、なんのために得ているのか?意図が明確ではないため、分析の曖昧さにハラハラしてしまうことも(苦笑)

様々な場所での課題解決の話し合いやMTGで、仮説を立てて考えてみる対話ができないのも、

仮説を立てるということが、わからないから。

時には、仮説すらわかっていない。

そういう中で「例えば・・・」と言おうものなら、真っ向から反対や、不備や欠点を非難、「無理」「できない」「あなたにとってそれが普通でも私は違う」と。これでは、肯定的で建設的な対話は成り立たない。

イノベーティブな人材が育ちにくい根本的な理由は親にあるのだと強く実感している。

どんなに子供が学校や社会で習ってきても、親の考え方が子どもの一生の考え方を作っている。

なぜなら、親のクリティカルシンキング力が子どもにそのままインストールされてしまうのだから。

クリティカルシンキング力は

グローバル育児®︎のキーワード「コミュニケーション」

でしっかり育むことができます。

10歳のお誕生日とグローバル育児®長期的な幸せや本物の成果へナビゲート

 

人一倍ユニークな感覚を持って生まれてきた次女の子育ても
10年が経ちました。幼いころは

「はやく迎えにきて。疲れた。手に負えない。」
「お迎えまだですか~(~_~;)」
「いまどこ?仕事終わってるでしょ!」などなど

預かってくれていた母から何度こんな電話があったことか笑

(保育は本当に精神的に大変なお仕事。
子どもが好きってだけでは務まりません!!)

 

 

私の子育ては本当に困ったが多く、
そのたびに、私一人で選択決断をしなければなりませんでした。
数々の失敗と挫折がありましたが、
そこから、日本人の子育てや教育に疑問を感じ、数々の本を読みました。
育児・教育・発達障害・ワークライフバランス・母性・父性・人格形成・
コミュニケーション・宗教・禅・精神・哲学・神道・経営・経済・起業・ビジネス・
チームワーク・エンゲージメント

どんな時も、心がけてきたことは、
長い人生を見通して、長期的な視点で選択決断すること。
集団生活の中では、短期的な結果を優先する時が多いですが、
どちらの場合にも、その時の”娘”を把握できていなくては
良い決断はできませんでした。

仕事に気持ちが傾きすぎると、娘の大切な成長のタイミングや
軌道修正のタイミングを逃してしまいますし、
娘がすべてになってしまうと、短絡的な成果に意識が集中し、
親子で視野が狭くなってしまったり。
短期的な結果ではなく、長期的な幸せや本物の成果に向けて
バランスのとれたライフスタイルの実現へとナビゲートしてくれた
グローバル育児®に本当に救われました。

こうして私自身の10年を振り返ってみても、コーディネーターやラーナーさんたちのナビゲーターをしていても、
決断をするときに人は何を一番大事にしたいのかがわかります。

自分の能力を低く設定してしまいがちの方が、本当に多いです。

それは、幼い頃からの教育者や親から受けた影響と、社会に出てからの、
同じことを繰り返しているだけの毎日がそうさせてしまっているのですが、

自分が本当はどうしたいのか?
自分の心の声、直観を大切にして選択決断したいのが
人間の自然な姿”あり方”です。
アイデンティティーを理解する
価値観や使命を理解する。

自分自身を分析し、本当の能力や力に気づくことができるかどうかが、
長期的な幸せや本物の成果へ繋がります。
アイデンティティー(自分軸)確立の9歳頃までに、自分自身を分析できる力を育みプレゼントできるのは、子どもが長く一緒に過ごす、両親や教育者であることは間違いありませんが、日本の教育現場は協調性=和に比重が大きいため、教育者が学校で育むことは大変難しいです。

http://www.sayuri-sense.jp/?p=13694協調性=和の真理を理解して、頑張っていらっしゃる教育者もいらっしゃいますが、全国に行き届いているかといったらそうではない。(教育格差の最悪はここ涙)

 WHO YOU ARE MAKES YOUR & THE WORLD A BETTER PLACE !

“WA和” TO THE WORLD!
1) Believe in yourself 自分を信じよう

2) Truly express and love yourself 自分の軸をもとう

3) Think from bird’s eyes view 俯瞰しよう

4) Think critically 主体的に考えよう

5) Understand diversity and find areas of collaboration 多様な価値観から新しいものを生み出そう

6) Analyze info and get to the point 本質を見抜こう

7) Express yourself in another language 母国語以外で自分を表現しよう

8) Nurture your creativity 創造しよう

9) Master your own life and live it fully 自分の人生を自分で創っていこう

10) Problem solve and go beyond your limits 限界を超えよう

 

 教育者や両親が正しい知識を学び、正しく労力・時間・資金を投資することで、豊かな人生を子どもたちが送ることができます。

長期的な視野で、人生をデザインするナビゲートを、これからも丁寧に大切に続けていきます。

Spring

 

 

 

人の本質と心のルール

コーデトークルーム、ベーシックコース、

ラーニングルーム、ランチ交流会と

新年早々、女性のための小さな学び場が活発です。

小さい子どもを抱えたお母さんが、

人の本質や心のルールなど、

子どもを育てることを通して、

生き方を学べる場所が、

とっても必要だなと痛感しています。

女性が働くことはとても大切だけど、

働くことで余裕を失ったり、

心の豊かさ(感性)を失っては、

一番に影響を受けるのが子ども。

働く意味をしっかりと一人一人が責任をもって考えなくてはなと思います。

現役先生とのトークルームでは、
授業、行事の準備、部活動、職員会議に学年会議、
地域との交流会などなど、仕事量を知れば知るほど唖然とします。

子どもを育てるステージに入り、
学校の先生を転職に選ぶ方も多いという
OZ女性のライフからはかけ離れた日本の先生の在り方。

なのにオーストラリアの教育が世界から注目されているのはなぜ?

子どもを預けて働くことに、
ご夫婦の意識のズレに気づいたお話からは、
奥様の気持ちを尊重しながら、
自分も尊重し、そして
子どもの成長を一番に考えていらっしゃる想いが感じられ、
こういう相談は胸が熱くなるのですが。
今、ハッキリと言えることは、

考えなくても、調べなくても、

自分に自信がなくても出てくる

子育ての考えや答えは、

全て疑ってみることです。

・0歳から集団で揉まれた方が本当に社会性が身につくの?

・1歳からお友達は本当に必要なの?

・資格を持っていればプロなの?

・3歳までにしか育めないことがあるの?

・働く時間が母親にとって本当にリフレッシュになるの?

もっとハッキリといえば、

利害関係のない無償の愛を注ぐ人にしかできないことがある。

道徳的な意識や価値観、

メンタルタフネスなど、

これらのベース作りとなる乳幼児期が、

どれだけ重要で大切なのか、

親や教育者や社会全体がもっともっと知らなければなりません。

1、今まで当たり前のように巷にある考え方を全て疑ってみる。

2、未来(子どもたちが大人になる時代)がどうなっていくのかを知る。

自分たちが受けた教育観を一旦0にして、自分の気持ち(欲求)に、
1と2を擦り合わせて考えていくことで、
母・子・父みんなにとってベストな答えが見えてきます。

参考記事 SAYURI ブログ

http://www.sayuri-sense.jp/?p=13224

ベーシックコース受講後、
ラーナーさんのフィードバックにこんな言葉が。

「頭に知識が入ったけど、出し方がわからないです。
今まで相手に合わせすぎて生きてきたから相手の反応が凄く気になります。」

学んできたことを、どう表現したらいいのかわからないのも、

相手の反応が恐く感じるのも


Who am I?

自分が何者か?

アイデンティティーの理解と

どんな自分でも大丈夫だという

セルフエスティームがすべての前提。



だから、アイデンティティーや

セルフエスティームを

wahahhahha〜って笑いながら学べる会を

今年は開いていきます。


「アイデンティティーが輝いている人シリーズ第1弾〜愛する仕事の見つけ方〜」

日 時:2月13日(月)  11:00〜13:00

【トーク内容】
仕事ってなんだろう?
働くってなんだろう?

ひと昔前は、”将来の夢=仕事”でしたが、
インターネットの登場で、地球はボーダーレス社会になり、
夢は叶いやすいものになりました。
そして2030年には今ある仕事の50%は、
AI(人工知能)に奪われると言われています。

さあ、そんな時代に、働くってなに?
仕事ってなに?

「あなたの夢はなんですか?」
そんな問いかけを、まだ子どもたちにしていませんか?

「アイデンティティーが輝いている人シリーズ第1弾
 愛する仕事の見つけ方」をテーマに、

職なし・パートナーなし・貯金なし・実家に身をよせるも、
兄家族たちに肩身の狭い独身娘、Mrs.チャコ。
崖っぷちの30代後半で、やっと見つけた
愛する仕事”農業”&”パートナー”♡

愛する仕事にどのようにして出会ったのかを、
仕事・子育て・教育・美・介護など、女性の生き方を、
アイデンティティーから見つめ続けている
グローバル育児®インストラクターコーディネーターSpringが、
Mrs.チャコの過去・現在・未来をお聴きしながら、紐解くトークライブ。

Mrs.チャコの人生には、これからの働き方、
学び方、結婚、子育て、人間にしか高められない力など、
数年先を幸せに生きるためのヒントがたくさん!

心のルールは子どもも大人も同じです!

グローバル育児が初めての方、
SpringやMrs.チャコを知らない方も、
知っている方も、みんなリラックスで、
お話を楽しめる空間をご用意しています。

お子様連れも大歓迎です。
遠隔の方はSkypeでご参加できます。

日 時:2月13日(月)

11:00〜13:00

場 所:きたむら茶屋&殿さまあんぱん

https://www.facebook.com/chayakitamura/
参加費:1,500円(税込)

※2月・3月グローバル育児®
ラーニングルームorベーシックコース受講の方1,000円offで参加できます。
お申し込み時にお知らせください。

 

お申し込み

info@springtity.jp

またはFacebookメッセンジャー

またはお問い合わせより

①お名前②連絡先アドレス③お子様のいらっしゃる方はお子様の年齢
④その他、要望やご質問をお送り下さい。

※飲食はご自由にご注文、各自でご負担ください。

主催:グローバル育児®インストラクターコーディネーターSpring(山内泉)

Mrs.チャコ紹介&Springとの関係
Mrs.チャコ

南部ベース代表

八戸学院大学 地域連携研究センター主催の
起業家養成講座(8期生)で出会い、意気投合。
Mrs.チャコは、貯金もなく
これからのビジョンも描けず、講座修了。
したかのように思えたが・・・
たまたまの行動が・・・
ヒントとなりチャンスとなり今につながる。

娘の小学校の運動会で、突然知らない男の子に
「僕、白組の団長なんですけど、緊張しちゃってます」と
声をかけられたSpring。
緊張しているというわりに、
知らない人に自分の今の気持ちを伝えるなんて、
素直で物怖じしない男の子だなあと感心していたら、
それはMrs.チャコの甥っ子だった(笑)ということを後で知り、
Mrs.チャコ家系のアイデンティティーに触れた。
それは起業家養成講座でのMrs.チャコの事業モデルにも現れていた‼︎

 

2017年も、みんなで学び会い、

100年先まで幸せな未来を創っていきましょう!