ダイバーシティーコミュニケーション

自己革命と起業家マインド、ダイバーシティーコミュニケーション

 

「王のように振る舞い、奴隷のように働け!」という起業家マインドを地で行くメンバーとのランチタイム。
いつもドダバタバタで、こんなにゆっくり食事をしたのは初めて、
いい時間でした〜!

 

今月は、久しぶりにイベントを開催しました。
自分革命を起こそう!をテーマに、自分軸相手軸ダイバーシティーコミュニケーションを取り入れ、よく喋りました(笑)

自己革命のスタートは、自分を許すことから。
 
私は、めんどくさがりやな私を許すことからスタート。
許せるようになることが、ダイバーシティーコミュニケーションなのかなとも思います?!
 
 
娘が通った幼稚園から、イベントの案内が届きました。
 
「今の自分を幼稚園の先生に見せたい!」
 
自分の成長した姿を誰かに見せたいと思えるって素敵だなあ。
自分軸がしっかりしてきたなあと感じていたので、
本人からこういう言葉がでてきたことは、さらに嬉しかったです。
 
みなと同じではなかった娘を 『許す』幼稚園を選択できて本当によかったと、卒園して6年経ちますが、年を重ねるたびに思えること、感謝しかありません。

私はたまたま、起業家マインドを間近で感じる機会があって、子供の頃の方が起業家的という言葉に娘の姿が重なり、これは子育てに取り入れたいマインドだと家庭での会話に気を配ってきました。
だけどもすごく気を配っても、学校に通うようになると、起業家マインドの針はEnpty近くになってしまうので、家庭では娘のアイディアやビジョンを大切にしながら、チェックポイントに沿って限界を超えていけるようサポートをしてきました。

 
 
 
 

リトリートとクリティカルシンキングコースWeek1、2

コーデ活動リトリート&クリティカルシンキングコース。

グローバル教育について、日本がとっても遅れているということに多くの親が気づき始めたが、遅れに対処しているご家庭はどのくらいなのだろうか。

現在の日本の平均年収は400万円ほど。

私の暮らす地域の40代の平均年収は350万円ほど。

予算に余裕があって、英語力もあるご家庭は、世界から最高の教育を選び放題だけど、公立の学校を利用しなければ、生活に支障が出てくるご家庭はどうしたらいいのだろう。

日本の公立学校は決して粗悪な環境ではないけども、私の子どもが通う学校で【世界で表現する力】を育むグローバル教育をやっているかといったら、頑張っている先生もいるが、

グローバル教育に関する一次情報(自らの体験から得た情報)を持っていなかったり、二次情報(プロの出している情報)にたどり着けていなかったり、二次情報を得ていても、なんのために得ているのか?意図が明確ではないため、分析の曖昧さにハラハラしてしまうことも(苦笑)

様々な場所での課題解決の話し合いやMTGで、仮説を立てて考えてみる対話ができないのも、

仮説を立てるということが、わからないから。

時には、仮説すらわかっていない。

そういう中で「例えば・・・」と言おうものなら、真っ向から反対や、不備や欠点を非難、「無理」「できない」「あなたにとってそれが普通でも私は違う」と。これでは、肯定的で建設的な対話は成り立たない。

イノベーティブな人材が育ちにくい根本的な理由は親にあるのだと強く実感している。

どんなに子供が学校や社会で習ってきても、親の考え方が子どもの一生の考え方を作っている。

なぜなら、親のクリティカルシンキング力が子どもにそのままインストールされてしまうのだから。

クリティカルシンキング力は

グローバル育児®︎のキーワード「コミュニケーション」

でしっかり育むことができます。

ダイバーシティーコミュニケーショントレーニング

「Springさんの言葉は人を突き刺す」

ダイバーシティーコミュニケーショントレーニングでのフィードバック。

 

突き刺してやると思って発していないけども、

相手によってはそう思う。

土足で踏み込まれたと思う人もいる。

自分で言えない人もいる。

ということをフィードバックで受けた。

 

・何がしたいのだろう…

・どうしたいのだろう…

・いつまでいたちごっこを続けなければならないのだろう…

こういう時、私は、突き刺さる言葉を発してしまう。
なんども同じことを繰り返し、同じところをグルグルグルグル。
だんだんとイライラしてくる。イライラが募る。
人間関係の摩擦は、このいたちごっこからくるイライラから起こっている
ことは自分でもわかっているが、なかなかコントロールが難しく、
「何度も同じことを言わせないで」
「いつになったらできるようになるの?」
「いつまで待てばいいの?」
が私の口癖だと娘たちから指摘を受けるほど、人育て失格の私。
(だから、グローバル育児®︎が必要なのだ)

先日は、友人に批判的な意見を言ってしまったこと反省した。

「批判的な意見だとしても、それはSpringの意見として受け止める。

それだけです。なので大丈夫だよ。

しっかり意見してくれる友達がいるということは、

すごくありがたいことだし、

幸せなことだと思う。ありがとう!

そんな友達だから友達なんだと思う」

と返信が届き、胸がいっぱいになった。

そして、また自分を知るきっかけになった。

非難と批判の違い。

 

批判をうけた時、受け止め方に個人差があるのはあたりまえ。

だから、相手を知る努力が必要。

相手を知るための努力には自分を知る必要がある。

・いつまでいたちごっこを続けなければならないのだろう…

今度、そういう場面に遭遇したときは、

そお〜っといたちごっこから抜けて、

黙々と自分のことに集中しよう。

 

Who you are makes a better place with Sayuri

【名言から学ぶ自分軸】セルフコントロール/自己分析の大切さ
自分軸=アイデンティティーを、いくつかの素晴らしい名言と合わせて、
わかりやすくご紹介しています。
アイデンティティーが確立されると、
✔︎人を非難しなくなります
✔︎自分の感情に責任を持つようになります
✔︎自分を冷静に分析し、欠点にも向き合うことで、隠さなくなり、ありのままの魅力が輝きはじめます!

https://podcasts.apple.com/jp/podcast/%E5%90%8D%E8%A8%80%E3%81%8B%E3%82%89%E5%AD%A6%E3%81%B6%E8%87%AA%E5%88%86%E8%BB%B8-%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AB-%E8%87%AA%E5%B7%B1%E5%88%86%E6%9E%90%E3%81%AE%E5%A4%A7%E5%88%87%E3%81%95-podcast%E7%95%AA%E7%B5%84vol14-analyze/id1405940048?i=1000427422464