未分類

リトリートとクリティカルシンキングコースWeek1、2

コーデ活動リトリート&クリティカルシンキングコース。

グローバル教育について、日本がとっても遅れているということに多くの親が気づき始めたが、遅れに対処しているご家庭はどのくらいなのだろうか。

現在の日本の平均年収は400万円ほど。

私の暮らす地域の40代の平均年収は350万円ほど。

予算に余裕があって、英語力もあるご家庭は、世界から最高の教育を選び放題だけど、公立の学校を利用しなければ、生活に支障が出てくるご家庭はどうしたらいいのだろう。

日本の公立学校は決して粗悪な環境ではないけども、私の子どもが通う学校で【世界で表現する力】を育むグローバル教育をやっているかといったら、頑張っている先生もいるが、

グローバル教育に関する一次情報(自らの体験から得た情報)を持っていなかったり、二次情報(プロの出している情報)にたどり着けていなかったり、二次情報を得ていても、なんのために得ているのか?意図が明確ではないため、分析の曖昧さにハラハラしてしまうことも(苦笑)

様々な場所での課題解決の話し合いやMTGで、仮説を立てて考えてみる対話ができないのも、

仮説を立てるということが、わからないから。

時には、仮説すらわかっていない。

そういう中で「例えば・・・」と言おうものなら、真っ向から反対や、不備や欠点を非難、「無理」「できない」「あなたにとってそれが普通でも私は違う」と。これでは、肯定的で建設的な対話は成り立たない。

イノベーティブな人材が育ちにくい根本的な理由は親にあるのだと強く実感している。

どんなに子供が学校や社会で習ってきても、親の考え方が子どもの一生の考え方を作っている。

なぜなら、親のクリティカルシンキング力が子どもにそのままインストールされてしまうのだから。

クリティカルシンキング力は

グローバル育児®︎のキーワード「コミュニケーション」

でしっかり育むことができます。

10の力、強みと弱みの捉え方とアイデンティティーと進路

 

”弱みはどんなに努力をしても強みに変わらない”

 

強みと弱みの捉え方。

強みはどこでも強みになるけども、
弱みは、時と場合(環境) によっては
活躍や進みたい道を歩めなくなる妨げになることがある。

自分の弱みをジャッジせず、フラットに理解することで、
思い通りにならないときや、
コミュニケーションに困った時、
環境や人のせいにしたり、
または自分はなんてダメ人間なんだというように
自分を責めずに対応できる。

”弱みはどんなに努力をしても強みに変わらない”

と捉えたほうが楽(笑)

それに、弱いところもある人の方がチャーミングに映る。

強みだけの人間は面白みに欠ける。

 

弱みをどう受け止めるかは、その人の経験値(ステージ)で変わってくる。

目の前の子ども・生徒・スタッフが歩んでいきたい道はどこなのだろう?

ここがわかって、
弱みをジャッジせず、フラットに理解するサポートができる。

 

この考え方で子どもの進路について説明をすると、
こちらのポッドキャストを聴いてもらうのが一番わかりやすい(笑)
【アイデンティティーと進路】PODCAST 番組VOL 17〜私立受験?留学?インター?How can you produce study path for shining children’s identity?

すぐにポッドキャストを聞けないという方のために、
ポイントを文章に起こしてみた。

◆世界の教育事情
Vision・・・世界のどこにいってもやっていける力を育むこと

 

◆ナビゲート上手な親や養育者の特徴

1、子どもの正しい種をみつける

2、正しい方法と方向性でそれを磨き続ける

3、才能を正しい方向性で開花させて、それをいかせる居場所をつくる方法

4、学校や外部に頼らず家庭がメイン。
  今何をやっているのか分かった上で、学校を選択している。

 

◆親が意識するポイント(長期プランと戦略)

1,子どもの才能の種を見つけること

2、進路決定の数年前からその時代の旬な教育事情と情報を集めること

3、その環境に進むためにポートフォリオを整理する

4、経済面のプランをたてる

5、その環境に進むことができたら、学校と子どもの様子を常に観察して、
フォローアップが必要なところは家庭でバックアップすること

 

井の中の蛙にならないように、
常に世界にアンテナをはりながら
子どもを客観的に見て、伸ばすところは伸ばす。
サポートが必要なところは、
親と子どもと学校が教育し合える環境があるか。

 

サポートが必要なところは、親と子どもと学校が教育し合える環境があるか。

親と子どもと学校が、教育し合える環境か。

教育し合える環境か。

教育し合える。

協力ではなく、

教育し合える環境かなのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チャンスを掴む人のモチベーションは困難の中にある

古い殻を破り捨て、アップデートするとき、

周囲からは、必ずバッシングがあるものです。

これもいつの時代も変わらない、人間の本質の一つ。

バッシングが起こるのは、誰もが真剣に生きているから。

そう考えると、勇気が湧いてきます。

チャンスを掴む人のモチベーション。

自分を含め10人いたら、

9人が選択することと違う選択をする!

ズバリ、これ笑

例えば、私は、

1、子どもの予定と自分の予定が重なったら、

9人の母親は子どもの予定を優先するけど、

わたしは違う選択をする。

自分の予定を決めてから、さて、子どもの予定をどうしていこうと考え始めると、どちらも可能になるように物事が動き出す。

2、ルールを守れない人をモラルがなってないといって、さらにルールを増やそうと9人がやり始めたら、わたしは何か守れない理由があるのではないかとイメージしてみる。

イメージを膨らませるため、ルールを守らない人をよーく観察し、話をきいていくと、やだーーーーーー!えーーーーーって、想像もつかなかったことが理由だったりする。

そして、ルールを増やすことが得策でないことがわかる。

3、多動な子、落ち着きのない子、暴力的な幼児を、発達障害と9人の保育者が言ったら、わたしは本当にそうなのかな?と9人の保育者を疑う。

そんな子どもを伸び伸び自由な環境下で観察すると、

それぞれの特徴が見えてくる。

その特徴は、ご両親が世間体を気にして?

社会性が身について?隠れてしまっている部分だ。

そうやって9人と違うことをするだけで、

見えないものが見えてくるようになりました。

そして、どんな状況でもベストを尽くすことの本質がわかるようになりました。

そう、チャンスが見えてくる!

自分のチャンスも、周囲のチャンスも!!

わたしも含めて、日本の母親は、チャンスを逃すのが得意(苦笑)

多くの女性は、失うのが辛いから、傷つくのが怖いから、失敗したくないからという思考が出発点となって、自分を定義づけ成長してきた。

お母さんを喜ばせたいから、お母さんに合わせ自分を定義する子ども時代。

学校の先生にみんなの前で叱られたくないから、バカにされたくないから、先生に合わせて自分を再定義。

パートナーができれば、パートナーに合わせ自分を再定義。

母になれば、世間の母親像に合わせ自分を再定義。

組織に属すれば、組織の風習に合わせ自分を再定義。

そういう再定義では、モチベーションどころか、

自分が何者かどんどんわからなくなり、

どんどん、チャンスを逃し、

さらに最悪なのは、子どもや周りの大切な人の

チャンスまで逃すように影響を与えてしまう。

人間って、自分軸で選択をしていれば、

思い通りの結果を得られるまで努力するようにできているから、

それがモチベーションなのではと思う。

さあ、今年は何人の方が、古い殻を破りにいらっしゃるかな?

グローバル育児®︎マスター合宿

マスター合宿でお会いできることを楽しみにしています。

Spring