チャンスを掴む人のモチベーションは困難の中にあるy

古い殻を破り捨て、アップデートするとき、

周囲からは、必ずバッシングがあるものです。

これもいつの時代も変わらない、人間の本質の一つ。

バッシングが起こるのは、誰もが真剣に生きているから。

そう考えると、勇気が湧いてきます。

チャンスを掴む人のモチベーション。

自分を含め10人いたら、

9人が選択することと違う選択をする!

ズバリ、これ笑

例えば、私は、

1、子どもの予定と自分の予定が重なったら、

9人の母親は子どもの予定を優先するけど、

わたしは違う選択をする。

自分の予定を決めてから、さて、子どもの予定をどうしていこうと考え始めると、どちらも可能になるように物事が動き出す。

2、ルールを守れない人をモラルがなってないといって、さらにルールを増やそうと9人がやり始めたら、わたしは何か守れない理由があるのではないかとイメージしてみる。

イメージを膨らませるため、ルールを守らない人をよーく観察し、話をきいていくと、やだーーーーーー!えーーーーーって、想像もつかなかったことが理由だったりする。

そして、ルールを増やすことが得策でないことがわかる。

3、多動な子、落ち着きのない子、暴力的な幼児を、発達障害と9人の保育者が言ったら、わたしは本当にそうなのかな?と9人の保育者を疑う。

そんな子どもを伸び伸び自由な環境下で観察すると、

それぞれの特徴が見えてくる。

その特徴は、ご両親が世間体を気にして?

社会性が身について?隠れてしまっている部分だ。

そうやって9人と違うことをするだけで、

見えないものが見えてくるようになりました。

そして、どんな状況でもベストを尽くすことの本質がわかるようになりました。

そう、チャンスが見えてくる!

自分のチャンスも、周囲のチャンスも!!

わたしも含めて、日本の母親は、チャンスを逃すのが得意(苦笑)

多くの女性は、失うのが辛いから、傷つくのが怖いから、失敗したくないからという思考が出発点となって、自分を定義づけ成長してきた。

お母さんを喜ばせたいから、お母さんに合わせ自分を定義する子ども時代。

学校の先生にみんなの前で叱られたくないから、バカにされたくないから、先生に合わせて自分を再定義。

パートナーができれば、パートナーに合わせ自分を再定義。

母になれば、世間の母親像に合わせ自分を再定義。

組織に属すれば、組織の風習に合わせ自分を再定義。

そういう再定義では、モチベーションどころか、

自分が何者かどんどんわからなくなり、

どんどん、チャンスを逃し、

さらに最悪なのは、子どもや周りの大切な人の

チャンスまで逃すように影響を与えてしまう。

人間って、自分軸で選択をしていれば、

思い通りの結果を得られるまで努力するようにできているから、

それがモチベーションなのではと思う。

さあ、今年は何人の方が、古い殻を破りにいらっしゃるかな?

グローバル育児®︎マスター合宿

マスター合宿でお会いできることを楽しみにしています。

Spring

娘とラーニングルーム?親の価値観、先生の価値観

娘とラーニングルーム。

風邪を引く方法、

インフルエンザに感染するには?

こんなこと調べてまで学校を休みたがることは初めてで。

念願通り、金曜の午後から発熱。

今日から3連休。タイミング悪いから〜σ^_^;

強制的で命令口調にフラストレーションが溜まってしまったようで。

私「強制的で命令口調になるのは、

そういう環境のもとで過ごしてきて、先生という職業につけて、

不自由なく暮らせている今の自分に満足で幸せだからかもしれないよ。」

娘「私のようになれば、あなたも幸せになれるよって思ってるってこと?」

私「そうかもしれない。」

娘「あー。無理無理。私は無理だわ〜。

先生なのに、外国も行ったことがないとかさ。

何かすれば、自分が小学生の頃はってさ。

若い先生ほど、自分と比べる。

私は頑張って先生になりたいわけじゃないんだよね。」

私「そうだね。先生の価値観を押し付けられても困っちゃうよね。

みんな夢や希望は違うんだから。

夢に向かうルートはみんな違うってママは思う。

その違うってことを先生は知らないのかもね。親もそう。一つのルートしか知らない。」

先生の価値観とジェニーの価値観がぶつかり合っちゃって。

パワーバランスで、子どもがダウンしちゃった。

これじゃあ、アカデミックに悪影響だわ。

子どもは、親の価値観の下で育てられる。

保育園や幼稚園、学校に行くようになると、先生の価値観が入ってくる。

全てのいざこざ、フラストレーションはお互いの価値観のぶつかり合い。

価値観をぶつけ合うのではなく、

一方の価値観で生かされるのでもなく。

子どもとラーニングルーム笑

娘の道は拓けるか?

【スタンダード通信コース】創造力とお金

スタンダード通信コースフォローアップラーニングルームが盛り上がっています。

昨晩は創造力とお金 がテーマ。

わかっているようで

わかっていないのが人間です。

今回のテーマも

「えっ!そう質問されると言葉が出てこない〜」

「この言葉を、こうやって見せているのか」

など、

一人で進めるのと、フォローを受けながら進めていくのは理解度が全く違うことを実感されていました。

さて、お金について、とっても素晴らしい質問を受けました。

”友達からお金を頂いてラーニングルームをするって違和感ないですか?“

グローバル育児®︎は本当にいいものなので、

私は友達にどんどん勧めています。

ですから、ラーナーさんやコーデに友達もいます。

質問者さんは、そこに違和感を感じられていました。

うーーーん、その違和感わかるんだけど。

そろそろやめにしませんか。

年末、実家へ行った時、母がフィギュアスケートの衣装を作っていました。

数種類の小さなスパンコールを組み合わせて縫い付けていたのですが、

「うわー大変。こんな細かな作業のものはもう引き受けなくてもいいんじゃない?

お母さんに頼むより買った方が安いよ」

と私がいうと、

「そうだよね。3千円いただこうと思ってたけど、高いよね」

えーーーー!!!!本気で言ってるの?

「ゼロがひとつ少ないよ。3万円頂いても問題ないよ」とその根拠を話しました。

私の話にとても納得していましたが、

どんなに一流の腕を持っていても、

今までこの価格帯でやってきたから、

今さらゼロを増やすなんて心苦しい。

だから多くても5千円。

これが母の出した答えでした。

母は、洋裁の専門学校に行き、

卒業後は仕立て屋で働き、

結婚退職後も自宅で洋裁の仕事を続けて、

今も続けています。

頼まれたら断れない性格です。

手の血管を痛めたこともあります。

母の腕前は一流です。

でも主婦が自宅でやってきたため、

仕事の依頼は友達や評判を聞きつけた友達。

だから、母はずっとお友達価格でやってきました。

実力と適正価格が噛み合っていないなあと私はいつも思うわけですが、

母は夫だけの収入でゆとりある生活ができたので、その価格でも困らなかったのでしょう。

しかし、私はここに怒りがわくのです!

誰かの役に立つことに最大の喜びを感じる

日本女性の奥ゆかしさはとても素晴らしいです。

ですが、母の世代が社会システムが分からずこういう事をしてきたから、

女性がメインで発進した介護職や保育職の賃金は最初から安めに設定されてしまったのです。

この創造力とお金のテーマ、昨今のPTA問題にも繋がるんだよね。

奥入瀬サミットでドラさんと対馬先生のシングルマザーの質問に反応したのにも繋がるんだよね。

根本は一緒。

女性が女性の・・・・

さて、私たちは、我が子に同じマインドを継承していいのでしょうか?

同じマインドを継承していったら、

子どもたちは将来どうなると思いますか?